瀬川陣市のアウトドア三昧

瀬川陣市の釣り、ガーデニング、料理などアウトドア活動ブログ

生餌はタチウオを呼び寄せる!?

f:id:jey848:20171102190231j:plain

タチウオの釣り方はルアーと生餌を用いるのに大別されます。食気が旺盛なときはどんなアプローチでも捕食にしきますが、少し喰いが渋いときなどは、ルアーより生餌のほうがアタリが多い場合があります。

生餌のメリットは魚の持つ匂いや感触など。やはり本物には疑似餌は敵わない部分はあるのです。

タチウオの陸釣りで用いる生餌はキビナゴ、サンマの切り身、ドショウ、カタクチイワシ、アジなど。

ルアーで渋いと感じた時に生餌の仕掛けに変えると、驚くほどアタリが戻ることがあります。

可能であれば生餌の準備もしておくと釣果は伸びると思います。

アシストフックは釣果2倍!?

f:id:jey848:20171028222524j:plain

タチウオ釣りで人気のあるルアーのひとつがワインド釣法。上の写真の仕掛けがそのひとつなのですが、タチウオにフックしている針は、よく見るとトリプルフックに連結されています。

これは、アシストフック。もともとはワインドのヘッダーにトリプルフックしかついていないのですが、その後ろにもうひとつ針をつけるところからアシストするフックでアシストフックと呼ばれています。

このアシストフックがあると単純に釣果は2倍になります。実際に私が釣果を記録したときにアシストフックなしとつけたときではほぼ2倍になりました。

針がもうひとつ増えるわけですから、ルアーにアタックしてきたタチウオがかかる確率が高くなるのは、想像にも易いことですね。

タチウオ釣りには、アシストフックを使わない手はありませんよ。

タチウオ釣りには様々なアプローチで

f:id:jey848:20171024150051j:plain

タチウオ釣りは最近の釣り番組でも多く取り上げられるようになってきました。船釣りであればテンヤかジグの選択肢に限られますが、陸っぱりからの釣りであればアプローチ方法はさらに多彩になってきます。

 

単に釣り上げればいいというスタンスから一歩上達すると釣り方を変えて狙うようになります。海の状態によってカラーリングを選び、捕食具合によってアプローチ方法を探っていきます。

 

自分が選んだ釣り方で釣果が上がった時は、こんな気持ちのいいものはないですね。

イワシは美しい

f:id:jey848:20170626004600j:plain

イワシは安価に買える庶民のお魚といった感じですが、それは大量に手軽に獲ることができるからです。釣りでも最も簡単に釣れる魚種の代表がイワシと言ってもいいでしょう。

このイワシを好むのは私たち人間だけでなく、多くの魚が餌として捕食しています。イワシが回ってくるとそれを狙う魚も入ってくるので釣りのターゲットの回遊の目安にもなるのです。

イワシが大量に群れで泳ぐ姿が水中撮影された映像を時折みかけますが、圧巻ですね。一匹ではすぐにとらえられてしまうイワシは団体で泳ぎ少しでも子孫を残そうと泳いでいるわけですね。

イワシのウロコはすぐにはがれるのですが、そのウロコは水中でキラキラと光ながら舞います。そのようなウロコをまとったイワシはじつにきれいです。しばらく見ていても飽きないくらい美しいです。

一度イワシを見るために釣りをしてみるのもいいですよ。

 

喰いの勢いが上がってきました!

f:id:jey848:20170622223729j:plain

最近出回り出したサバですが、日々大きくなってきています。

サバ以外の青物の魚をねらって投げ入れる仕掛けにも喰いついてきます。かなり活性があがってきてますね。

ただどんな魚種であれ、釣れてくれたときは嬉しいもの。どんな魚でも喰ってきなさいよ、って感じでキャストしているここ最近の釣行です。

 

青物の魚が釣れ始めてます

f:id:jey848:20170616184144j:plain

サバやブリなどの青物と呼ばれる魚がよく釣れるようになってきました。青物の釣りの醍醐味はなんといっても魚の引きです。

写真は小ぶりなサバですが、こんな小さいサバでは針にかかって糸を引く力はとても強いです。サイズが大きくなるほどのその曳き具合も強くなり、魚との駆け引きが楽しめるのです。

青物は食べても美味しい魚が多いので、お土産にも最適。ただ、足が速いと言われるように痛むのも早いので釣ってすぐに絞めて血抜きをするなどケアも大事です。

 

 

サバが空を飛ぶ

f:id:jey848:20170606151939j:plain

気候もよくなって漁港などに寄り付く小魚も豊富になってきました。サビキで釣れるサバなども日に日にサイズが大きくなっていきます。

こうして見ていると魚の成長も驚くほど早いですね。

久しぶりに空飛ぶサバの写真を撮ってみました。

小品観葉植物作ってみました

f:id:jey848:20170527114614j:plain

苔玉とか観葉植物は好きでなにかしら育てています。あと盆栽の要素も気に入っていて、そんな植物に囲まれているときが心地よく感じます。

いつも自分でも鉢に活けようと思っているのですが、なかなか進みませんでしたが久しぶりに作ってみました。

小ポットで売られていた姫砥草を似合いそうな器に植え替えて苔をはって出来上がり。

少し剪定するともう少し見映えよくなるかもですね。

こんな小品植物はいくつあっても飽きないです。

 

恐怖の食虫植物・・

f:id:jey848:20170515105512j:plain

食虫植物を入手しました。子どものころから植物図鑑などで虫を食べる植物があることは知ってましたが、幼心に虫を食べるなんて怖いと感じていたものです。

そして、今頃になって初めて食虫植物が我が家にもやってきたのです。

いい大人になって目の当たりにしてもやはりどこか不気味というか怖さを秘めてます。大きな口を開けた葉っぱのなかに虫が入るとバシッと閉じてじわりと溶かしてしまうんでしょうか。。。

こういうのを怖いもの見たさというゲスな感情なんでしょうが、しばし観察していきたいと思っています。

 

 

フグは「福」の前兆!?

f:id:jey848:20170508170354j:plain

ときおり意図せぬ魚が釣れることがあります。外道なんて言い方をしますが、釣りを邪魔する輩もいたりします。その代表格がフグ。真っ先に餌をついばみに来るので「エサ取り」なんて呼ばれ方もしたりして。

 

そんなフグが釣れてしまいました。釣れてもすぐにお帰りいただきます。でも「フグ」は「福」と音が近いことから福が来る前兆と勝手に解釈しています。

なにごとも気は持ちようということでしょうか。